リフォーム会社を率いるリーダー田中の日々の活動日記
<< 2017年度新卒求人 | main | 2018年新人求人開始 >>
第3回姫路城マラソン

top0727b.jpg

 姫路市香寺町でリフォーム業を営むチームリーダー田中のブログ。
 
テラマエ設備内にてベンチャー的リフォーム部門を立ち上げ早十数年!
 3人兄妹のとーちゃんとして日々の仕事に格闘する姿をブログにてつづ
 ってまいります。焦らず無理せず気持はいつも、、、
『風の吹くまま 気の向くままに・・・応援宜しくお願いいたします

 

 


久しぶりのブログ更新です(笑)

 

以前かわいがっていただいていたブログの読者の皆さんには、顔を合

わすたび『きよちゃんもうブログ更新せーへんのん?楽しみにしとん

やで〜!』とありがたいお言葉をおかけいただいているにも関わらず

 

『ほんじゃまた再開するわ〜』とテキトーな返事で返してしまってお

りました(反省)

 

なので今回から(毎日ではありませんが)ちょくちょく更新すること

にいたします。皆さん今後ともよろしくねm(__)m

 

 

さて私ごとながら昨日は第三回目となる姫路城マラソンに参加してま

いりました!

 

私自身も三度目のフルマラソンの参加になるのですが、姫路は昨年に

引き続き二年連続の出場となります

 

今年も早朝より播但線へと乗り込み、いざ決戦の地へと!

(そんなたいそうなもんでもありませんが、笑)

 

 

そんな気持ちのなか早速目的駅でもある姫路駅で下車

なんの気なしにいつもの改札をくぐるや、、、突然けたたましく鳴り響

く楽器の音が!!

 

 

ななんと、写真のように地元城陽校区の小学生の皆さん方が、ブラス

バンドの演奏&かわいらしい声援でお出迎えしてくれるではないです

か!!

 

 

これにはほんと鳥肌もんでしたね!

 

週初めから足の具合が思わしくなく、今回の参加に対して少しテンシ

ョン低めだった私も、アドレナリン出まくってしまいました!

 

城陽地区の皆さんありがとうございました!

 

 

その後は姫路城をめざし、地上の大手前通りに出ると、今度はボラン

ティアスタッフの方々の気持ちのいい挨拶&誘導のお世話になりまし

 

 

ほんとマラソン大会に出場するたび、感謝の気持ちでいっぱいになり

ますね!

 

ボランティアなくしてマラソン大会の成功なしです

 

 

その後も随時親切な誘導に導かれながら、参加者の列にまぎれ更衣場所

でもある大手前地下駐車場を目指しました

 

 

更衣場所に到着するや、もうすでにたくさんのランナーが待機中!

 

 

こうやって見ていると、みんな超速そうに見えてしまうのは私だけで

しょうか(笑)

 

地下の更衣室にも関わらず熱心にアップをしている参加者の姿を見て

いると、私みたいななんちゃってランナーは恐縮してしまいます(笑)

 

 

そんなこんなで時間もいいころ合いに!

 

 

地上に上がるや、たくさんのランナーたちが右往左往

 

じゃなくて、めいめいにアップをしたり、応援の人たちからの激励を

受けたり、参加者との待ち合わせをしたり、出走前に用をたしたりと、

ある意味今から始まる長丁場を控え最後の調整に入っているようであ

りました(ほんまかいな、笑)

 

さて私はと言いますと・・・

 

せっかくの姫路城マラソンと言うととで、お約束の姫路城をバックに

出走前の記念撮影♪

 

 

実は私の他にも一緒に参加した仲間があと2名ほどいたのですが、そ

の写真は割愛させていただきます(笑)

 

 

さあこの後はスタートラインに整列ですね!

 

 

不思議なことになぜか私は去年と同じくBブロックの出走権をいただ

いており、今年は自己ベストも狙っていることもあり、ブロックのほ

ぼ最前列あたりをゲットしてやりました

 

 

隣に写るはCブロックスタートの後輩のN田くん!

 

 

生意気にも区切りのフェンス越しに私の写真に写り込んできました!

 

こいつだけには絶対に負けたくないです(笑)

 

 

 

さあここからは緊張の42.195キロの始まり!

 

黒田かんぺいさんの激励のトークに始まり、スターター石見姫路市長

の号砲で姫路城マラソンの幕が切って下ろされました♪

 

 

なのでここからは昨年同様実況をお休み。

 

大きな声では言えませんが、一応自己ベスト更新を目指しております

ので走りに集中したいと思います。。。

 

 

 

     ≪途中省略≫

 

 

 

で、いきなりのゴールとなりました(笑)

 

 

個人的には自己ベストも更新し、夢目標サブ4、努力目標4時間15分

こそは達成できなかったものの、必達目標のサブ4.5は何とかクリア

することができ、当初の不安材料からすれば万々歳の結果に終わった

はずでしたが、、、

 

追い抜かされた記憶が全くないにも関わらず、Cブロックからスタート

した写真右隣のN田くんの方が先にゴールしていたという、何ともショ

ッキングな結果となってしまいました!

 

しかも去年と全く同じ15分差(涙)

 

やはり歳には勝てないのでしょうか?

 

いやいやそんなことはない!

来年こそはこのリベンジを果たしてやりたいと思います!

 

 

ゴールの後はお約束のビールで乾杯♪

 

 

たまたま(私ではなく仕事仲間の方々の)応援に駆けつけてくれてい

た神戸のすみれパパと談笑

 

本来であれば同じ大会にてガチンコ勝負するはずが、なぜかいつも縁

なくすれ違うことばかり!

 

次回はどこかの大会でご一緒したいものですね!

胸を貸しますので、それまでにちゃんと練習しておいてさいよ!

 

 

 

さてここからは今回のマラソンの振り返りです!

 

以下は昨年の感想ですが、、、

 

・コースがとても平坦ですごく走りやすかった!

・フルマラソンの参加人数が6000人程度と程よい感じ

・沿道の声援が神戸などにも増してローカルで温かい

・安室中や大白書中のブラスバンド演奏に感激

・小中学生の声援が励みになりました

・年配の方々の声援も大きな励みになりました

・私設のエイドの方々の優しさには涙が出そう

・ボランティアスタッフの皆様にはただただ感謝

・できればエイドごとのフードをコンプリートしたかった

 

今年はさらに、、、

 

・姫路駅改札で出迎えてくれた城陽地区の皆さんの歓迎に感動

・アスリート枠が増えて全体的にレベルアップした感じ

・愛城ランナの名入りゼッケンによる名指しの応援に感激

・とても良い天候に恵まれ終始さわやかな大会ムード

・仮設トイレの増設でトイレ待ちのストレスが軽減

・ボランティアスタックの方々の益々こなれた運営に感謝

 

と、いいところは延々と語りつくせません!

 

ただひとつだけ苦言を言わせていただきますと、、、まだまだマナー

の悪いランナーがたくさんいるな〜と言うこと!

 

事前の大会参加要領のパンフレットの記載や当日のアナウンスにもか

かわらず、給水所の紙コップや自前のサプリのゴミなどのポイ捨てが

非常に多かったということ。

 

多くのランナーが決められたゴミ箱にゴミを捨てるのではなく、道路

にゴミを投げ捨てるのでボランティアの方々がせっせとゴミを拾って

おられました!

 

これにはちゃんとルールを守っている私も恐縮!

 

おそらくゴミ箱のところにゴミを持ち運ぶのもしんどと言うのが言い

分かと思いますが、ボランティアの人の心情もくみ取る意味でもマナ

ーはきっちりと守ってもらいたいものですね

 

 

ちなみにこちらが昨年の第2回姫路城マラソンの様子

↓ ↓ ↓

http://k-tanaka.jugem.jp/?eid=2256

 

そしてこちらが初出場だった第3回神戸マラソンの様子

↓ ↓ ↓

http://k-tanaka.jugem.jp/?day=20131118

 

少しだけではありますが進歩のあとが見えるような見えないような

 

 

でも今年は練習も含め、息子の大学受験の願掛けも兼ねていたので、

自己目標をクリアできただけでもよかったかな?なんとか思いも神様

に届けられたかと思います(笑)

 

以上、姫路城マラソン2018のリポートブログでした!

 

 

久しぶりのブログのせいか嬉しくてつい長文となってしまいました!

あしからず(笑)
 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます!

人気ブログランキングに参加しております!
是非とも応援のクリックを〜〜〜

↓  ↓  ↓
にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ

にほんブログ村

 

ウェブからのお問合せも多数いただき、おかげ様で3月の工事も順調に
つまってまいりました。


 ・増改築
 ・水まわりリフォーム
 ・オール電化工事
 ・住宅用太陽光発電システム
 ・介護リフォーム
 ・エクステリア
 ・屋根・外装工事  
    耐震改修もテラマエ設備へ!

テラマエ設備は日本木造住宅耐震補強事業者協同組合に加盟しております
history.jpg
 
 

Posted by : きよちゃん | - | 15:52 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://k-tanaka.jugem.jp/trackback/2259
TOP